お料理教室

房総の山並みを見渡す、鋸南町のるんたさんのおうちにて。
お友だちののりちゃんと、お料理のプライベートレッスン。
先生は、マクロビオティックの世界で長い間ご活躍されているみほさん。
大自然の中の心地良いキッチンで、素朴ながら滋味あふれるお料理を習う。
自身の体の変化をきっかけに食に目覚め、おうちでも家族のために作りたいというのりちゃん。
昔から自然食に興味を持ち、長年独学のお料理を続けてきたわたし。
それぞれのスタンスで、流れるように導かれてこのお教室に。

みほさんの作る野菜と穀物が中心のお料理は、驚くほどのシンプルさ。
そしてアレンジは無限。
わたしなりにやってきたお料理を、一から確認しながら、新しい知識も技術も学んでいく。
そのことがとても新鮮で楽しい♪

この日作ったのは、里芋としめじの炊き込みごはん、もち粟入り野菜スープ、ひえとかぼちゃの炊き合わせとそのコロッケ、さつまいもの梅煮。
揚げ物ついでにささっと揚げた天ぷらと、作り置きの漬物も添えてなんとも豪華なお昼ごはんに。

作り方はとても簡単で、味付けはほとんど塩と醤油のみ。
なのに、しみじみおいしくて♡
お料理ってどんどん足していくことが多いと思うけど、この極限までの無駄の無さがこれほど魅力的だなんて。
本当に奥深くて面白いなぁ〜。

大好きなのりちゃんと2人で通い、自分のお料理を磨いていけるのだということが本当に楽しみ♪♪♪
これからの自分とおちちやの世界が、力強く広がっていくような感覚。
この機会を作ってくれたのりちゃんとみほさん、そして選んだわたしに感謝♡♡♡

10月の予定をお知らせします。

おはようございます(*^^*)
寒い!
寒がりなわたしには、すでに冬到来の気分です。
秋の青空が恋しい…。

昨日はBroom香房さんにて、秋の草木染めワークショップのお弁当をご用意させていただきました。
さちこさん、いつも本当にありがとうございます♡

お弁当屋さんスタートから初めの数ヶ月が過ぎ、いろいろなことに慣れてきたところでいよいよ本格始動のおちちやです。
もっともっとたくさんの方にお弁当を知っていただき、お召し上がりいただく機会を作りたい。
季節のおいしさと真心と愛情をいっぱいに詰めたこのお弁当を、たくさんの方にお届けしたい。
そんな想いで一歩ずつ歩んで行きたいと思います。
今月の予定も大体決まりましたので、お知らせしますね。

*10月の予定

・8日(土)お弁当
・14日(金)いすみやさん納品
・21日(金)いすみやさんにてお弁当販売
・22日(土)玄米ごはんのパイ
・23日(日)ゆふぞらさん納品
・29日(土)ナカガワミニマルシェ出店

わ〜、盛りだくさん❣️
イベント出店はものすごく久しぶり。
そしてこの合間にはお米スイーツの研究をします。
楽しんでがんばろ〜♪♪♪

「土と風のお弁当」
昨日のお品書き
・黒米入り玄米または15穀入り白米ごはん
・高野豆腐のハーブフライ
・大豆ミートのピーマンの肉詰め風
・なすとおくらの揚げ浸し
・白花豆のドライトマト煮
・もちきびポテト
・きんぴらごぼう
・甘唐辛子の焼き浸し
・さやいんげんの胡麻和え
・さつまいもの梅煮の茶巾
・茹で落花生
・新生姜の甘酢漬け
・みょうがの梅酢漬け
・紫蘇の実の塩漬け
・金胡麻塩
・栗渋皮煮

8日(土)のお弁当はまだお受けしています。
ご希望の方は、こちらまでメッセージをお願いします。
今月もたくさんの方にお会いできることを楽しみにしています♡♡♡

お弁当をご用意しました。

10月になりましたね。
今日はお弁当の日。
今回から、おかずの数と量を少し増やしました。
結構なボリュームになったと思います。
季節の素材がいっぱいで、見ても食べても、お腹も心もご満足いただけるとうれしいです♡

庭のイチョウの木からどんどん落ちる銀杏を、拾って洗って干して炒って皮を剥いて…何時間もかかって自家製の飛竜頭に。
今度作るときは、前もって銀杏を用意しておくのを忘れないようにしなくちゃ。

「土と風のお弁当」
本日のお品書き
・黒米入り玄米または15穀入り白米ごはん
・かぼちゃコロッケ
・そばの実入り米粉餃子
・飛竜頭の煮物
・大豆のトマト煮
・里芋の煮物
・紫蘇の穂の天ぷら
・きくらげのピリ辛中華風炒め
・十六ささげの胡麻和え
・小松菜のすだちポン酢和え
・甘唐辛子焼き浸し
・新生姜の甘酢漬け
・みょうがの梅酢漬け
・茹で落花生
・金胡麻塩
・いちじくのラム酒風味

今日は爽やかで気持ちのいいお天気でしたね。
キャンプがてらお弁当を受け取りに来て下さったお客さまも。
どうぞお楽しみいただけますように♡
明日もいい日になりそうですね♪

次回のご用意は8日(土)になります。
ご希望の方はメッセージをお願いします。
ご注文を心よりお待ちしております♡


新たな気持ちで、お弁当をご用意します。

6月にお弁当屋さんをスタートさせて、もうすぐ4ヶ月。
初夏から夏の終わりまで、最初の3ヶ月を夢中で駆け抜けました。
思いがけずたくさんのご注文をいただき、温かいご感想に感激しました。
そして9月、少しずつ秋らしい素材が出始めたころ。
評判はとてもいいという手ごたえもあったのに、お弁当のご注文があまり伸びず、むしろ少なくなり、わたしの中で微かに気持ちが揺らぎかけました。
この先、お弁当販売をうまく軌道に乗せられるのだろうか…?
何が必要なのか、どうしたらいいのか。 
見つめ直すために、少し時間を取って。

またお弁当のご希望をいただいたり、イベント出店のお誘いなどもいただけるようになりました。
たくさんの方に支えられていることを、改めて感じました。

お弁当屋さんとしてやっていく。
その覚悟が足りなかったこと、肚が決まっていなかったことに気づきました。
世界は自分で創るということも。
最初からすべてがうまくいくとは限らないし、簡単な気持ちで始めたお弁当ではなかったはず。
なのでもう一度、初心にかえって。
いすみのお米と旬の野菜を使って作る、食べる人が心も体も満たされるお弁当。
たくさんの人にしあわせをお届けするぞ‼️
新たな気持ちで、再び向かいます。

ここまでやってきて少し改善したいと思う点がいくつかあったので、そこを工夫したいと思います。
おかずを少し増やして、お値段も改定いたします。
ご希望があれば、個人の方への配達なども考えてみたいと思います。

10/1(土)、8(土)お弁当をご用意します。

「土と風のお弁当」

土に生まれ、風に育まれ。
素材のいのちを丸ごといただくお弁当。
おかあさんのおちちのように、いのちをはぐくむごはん。

地元いすみ市または周辺地域で栽培された、自然栽培のお米と旬の新鮮な野菜たち。
豆や雑穀、乾物など栄養豊富で滋味あふれる植物性の素材たち。
調味料や植物油は国産原料で伝統製法、天然醸造のものを使用しています。

季節の味と香りを、まあるいわっぱに詰めました。

内容はその日出会える素材によって決めますので、おまかせになります。
アレルギーのある方、苦手な食材のある方はご相談いただければできる限り対応いたします(使用する素材はすべて植物性のものになります)。
ごはんは雑穀入り白米、または黒米入り玄米のどちらかお選びいただきます。

おひとつ 1350円。
ごはん多めは+100円です。

お受け取りは、おちちやにて当日11:30〜16:00までとなります。
この時間内に来られない方は、ご相談下さい。
いすみ市、御宿町内に限り、ご希望の方にはお2つから配達します。
配達料は数と距離により、ご相談で決めたいと思います。
6個以上ご注文の場合は、無料で配達いたします。

ご注文の受け付けはどちらも前日の19時までですが、それ以前に定数になりましたら締め切らせていただきます。
ご希望の方は、こちらまでメッセージをお願いします。
お電話番号、ごはんのご希望、個数、アレルギーのある方は具体的にお伝え下さい。
お受け取りの際は、クーラーボックスまたはクーラーバッグ、保冷剤などお持ちいただければと思います。
冷蔵庫で保存の上、当日中にお召し上がり下さいませ。

ご注文を心よりお待ちしております♡

魂の鑑定書

わたしが今参加しているプログラム、空龍コミュニティ。
詳しいことは何もわからないままとにかく惹かれる気持ちに従って参加することを決めた自分に、もう毎日感謝している。
そのくらい素晴らしいし、まるで長年探し続けていた宝物をついに見つけたくらいの喜び。
まず最初に、空龍でわたしが感じたこと、気づいたことを書いてみたいと思う。

空龍を主催するのは、とおるさん、るみさんのセラピストご夫妻。
このお2人がまたまた本当に素敵で、魂が震えるほど憧れる。

人は誰でも、自分が今世をどんなふうに生きたいか、魂のデザインを描いて生まれてくるのだという。
空龍では一人一人に魂の鑑定書が送られ、それをもとにそれぞれが自分自身をより深く知り、より輝いて生きるために活用していく。
これを聞いたとき、わたしはめちゃめちゃデザイン知りたい‼️って思ったし、鑑定書欲しい‼️って思った。
その鑑定書がこれ↑。
ところが、これを見ただけではな〜んにもわからない。
この鑑定書の読み解き方を、時間をかけて丁寧にいろいろな角度から学んでいく。

わたしは、魂の願望、人生のテーマ、檻という主要の場所が全部3。
3は、表現と創造の数字。
表現と創造、それはまさにおちちやを通してわたしが向き合い続けてきたことだ。
望みも課題も、表現すること。
人目が気になったり、人前で違う自分を演じてしまったり、本音が言えない。
表現したいと強く望みながら、同時にそれが怖い。
小さいころから人見知りで大人しく、人前に出ることが苦手だったわたし。
本を読むことが大好きで、文章を書くことも大好きだった。
文字でなら、言葉に出せない自分の思いを綴ることもできたし、表現する喜びも感じることができた。
今はSNSで自分のことを書くこと、表現することがとても楽しいし向いていると思っている。
でもきっとたぶん本当は、もっともっと自分を表現したい、表したいと望んでいるわたしがいるんだろう。
そして3の人は、無邪気な子どものエネルギーを持っているので、楽しむこと、遊ぶことがとても大事なのだそう。
だからもっとたくさん、もっと自由に自分を表現してあげたいし、遊ばせてあげたい。

人格数11/2。
非常に感受性が強く傷つきやすいので、自分を守るために心を閉ざしがちだという。
そうかぁ、そうなんだ。そうだったんだ。
そういう自分をわかって、受け入れてあげられる安堵感。
そして成熟数8を持っていると知ったとき、うれしさで涙が出た。
8は成功とパワーの数。
人生の後半を、このエネルギーがサポートしてくれるという。
実はわたし、長い間自分には充分なパワーが無いと思い込んでいた気がする。
わたしには8があるんだ、と思うとその力強いエネルギーが自分の中に湧き上がってくるような気がしたし、支えられ守られているような気がする。

空龍では、魂の望みに基づいて生きていく方法についてもたくさんのサポートをくれる。
さまざまな瞑想やワーク。
魂のチャレンジ、通称たまチャレをすること。
怖いとかできないと思っていることは、育つ上で植え付けられた、または身に付けた思い込みだ。
そして怖いことできないことは、本当はやりたいことだ。
その思い込みは、一度チャレンジして乗り越えてしまえば書き換えることができる。
だから怖くても無理だと思っても、あえてチャレンジしてみる。

まだ少しずつだけど、わたしもできるところからたまチャレしている。
この空龍に入るときだって受講費は勇気がいる値段だったけど、絶対に人生を変えるチャンスだと思って飛び込んだ。
苦手な運転であちこち出かけてみたり、自分の楽しみの機会を作ってみたり、今までなら躊躇して結局はやらなかったようなことにもチャレンジしている。
小さいチャレンジを重ねて少しずつ大きなことにも挑戦してみたいし、ゆくゆくは今のわたしからは想像もできないところから世界を見てみたい。

そして、生まれてくるときに望んだような人生にできる限り近づけてあげたいと思っている。
いつかは…わたしも誰かに魂のデザインを教え、背中を押す人になってみたい。

るんたさんに行って来ました。

もう先週のことなのですが、お友だちののりちゃんと鋸南町のるんたさんのところへ伺って来ました。
るんた主催のみほさんとはもうずいぶん前からの知り合いで、いつかは行ってみたいと思っていたのでとても楽しみな訪問でした。
のりちゃんの運転で出発(今回は運転チャレンジはお預け)。
海沿いを南に向かい、鴨川から山を越えて鋸南へ。
え?え?この道を行くの?大丈夫?
という細い&急坂&崖っぷちの道を行くと現れたのは、房総の山並みを見渡す山小屋のようなおうち。

素人ながらご主人が建てたという雰囲気のある心地のいいおうちには、素敵なキッチンと眺めの良いデッキのあるお部屋が。
わ〜っ、いいなぁ♡♡♡

みほさんはマクロビオティックを本格的に学び、一日一組限定でお料理を提供したり、教室を開いている方。
しかもご自分でお米や野菜を育て、味噌や醤油も仕込むこだわりよう。
お料理もお菓子も見よう見まねで独学のわたしからすると、いろいろなことすべてが憧れに見えるのです。
そんなみほさんのお料理を、贅沢にコースでいただく。
ひとつひとつ丁寧に心を込めて作られたお料理をいただけるのは、特別で貴重な機会。
こんなに素敵な場所でこんなにおいしいお料理を食べられるなんて、もっと早く来ればよかった〜。
わたしものりちゃんもそれぞれにみほさんに聞きたいことがあり、その他にも話題は広がり、何時間もかけての優雅なランチタイムとなりました。
わたしはいわゆる自然食、ビーガン食が大好きなのですが、自分で作る以外にご馳走になる機会は日常的にはほとんどないので、本当に心も体も満たされました。
あ〜しあわせ❤️

そしてそして、来月からのりちゃんと2人でみほさんのお教室に通うことに決めました❣️
やった〜、楽しみ♪♪♪
これはおちちやにとっては、本当に素晴らしいことになりそうです♡
そしていつかは、あの山道をわたしの運転で登るというチャレンジもしてみます!

嵐と天使

3連休、台風とともに、嵐のような孫たちがやって来た。
みんなを迎えるためにきれいに整えられた部屋は、あっという間におもちゃやら絵本やら色鉛筆やらで埋まる。
危険を察知した猫のおかかは、ちびっこには届かないキャットタワーの上へ避難。
次から次へと何にでも興味を持つおしゃべり3才児なつと、ずり這いができるようになった9ヶ月のかい。
なつはもうおばあちゃんちのどこに何があるかも覚えていて、あちこちからいろんなものを引っ張り出してくる。
かいはまだおばあちゃんの顔も覚えていないけれど、にこにこ笑い返してくれる。
が、おじいちゃんを見て泣く。

子どもたちを見ていると、驚くことばかり❗️
なつもかいも、全身全霊で気持ちを表現する。
湧き上がるまま、感じるままに、溢れ出すように。
そのエネルギーはときに爆発的なまでのパワフルさ。
ただただ、感心してしまう。
なんと自由に、ありのままの自分を許しているんだろう。
そして、溢れるほどに全身で愛し、愛されようとする。
自分の存在を全肯定し、すべての素晴らしいものを受け取れることを信頼し切っている。
人の、本来の純粋な在り方を見せてもらっているみたいな気がして、心の中で感嘆していたよ。
おばあちゃんには、あまりにも無邪気なその姿が愛らしくて、微笑ましくてならない。

おばあちゃん大好き❤️を、いつもまっすぐにぶつけてくるなつ。
帰る時間が近づいていることを悟って、涙が枯れるんじゃないかと思うくらいの号泣。
なつにとっては、今この瞬間がすべてなんだな。
ぎゅう〜っと抱きしめて、撫でて、おばあちゃんからの愛を伝える。
お土産代わりのピカチュウの折り紙を握り、泣きながら手を振ってお別れ。
子どもって、神さまにとても近いところにいるんだな。
比喩では無く、真の意味で天使そのもの。
わたしにとっては、在り方を見せてくれるお手本。
存在する、生きている、ただそれだけでこんなにも尊い。

いちじくのタルトをご用意します。

おはようございます(*^^*)
お待たせしました。
おちちやの新商品、ビーガン&グルテンフリーのフルーツタルトのお知らせです。
今回はいちじくのタルトになります。
数ヶ月間試作を繰り返しやっと完成した、おちちや渾身のスイーツです。
ぜひ一度お試し下さいませ。

今が旬のいちじくは、御宿町瀬戸さんの無農薬栽培バナーネ種他いすみ市産のもの。
タルト生地は御宿町産減農薬栽培米粉と有機オートミールをベースにし、さくさくに焼き上げました。
フィリングは風味豊かなアーモンド粉と、泡立てた山芋でやさしくリッチに。
アクセントに、こくのあるオーガニックビターチョコレートを忍ばせて。
いちじくをたっぷりと並べ、仕上げにラム酒で香り付けしました。
時間はかかりましたが、その分胸を張ってお届けできるものができたと思っています。
たくさんたくさんの方に、お召し上がりいただけたらうれしいです♡

*いちじくのタルト
直径15.5cmホールサイズ
3800円(直接のお受け取りの場合)
3900円(郵送の場合、ラッピング代含む)

原材料:いちじく.米粉.国産豆乳.有機アーモンド粉.国産菜種油.有機オートミール.甜菜糖.甘酒.有機チョコレートチップス.ラム酒.山芋粉.自然塩

米粉のスイーツは大変繊細なので、お取り扱いには充分にお気をつけ下さい。

賞味期限は冷蔵にて製造日含め3日間ですが、できるだけお早めにお召し上がり下さい。
ご用意するのは9/16(金)17(土)です。
こちらでのお受け取りは当日16:00以降、郵送の場合は翌日17、18日(地域によっては翌々日)のお届けになります。

今回は敬老の日に合わせて、ギフトとしてのご利用もおすすめしています。
小さなメッセージカードをお付けすることもできますので、ご希望の方には1〜2行の文を添えてお届けいたします。
贈り物の際は、生ものですので先方が確実にお受け取り可能な日時を予めご確認の上、送り先と送り主、両方のご連絡先を教えて下さい。

ご希望の方は受け取り方法とお電話番号、郵送の場合はご住所と希望配達時間も添えてメッセージをお願いします。
ご希望が定数になり次第締め切りとなります。
ご注文を心よりお待ちしております♡

玄米ごはんのパイをご用意します。

こんばんは(*^^*)
まだ暑さはありますが、少しずつ秋らしい雰囲気になってきましたね。
玄米ごはんのパイに入れる野菜たちも、いつの間にか秋のものに変わりつつあります。
夏のカレー味が終了し、定番のお醤油味に。
今週は2日続けて玄米ごはんのパイを作ります。

明日9日(金)は、いすみやさん納品日です。
いすみやさんでは1カットから購入できるので、少しだけ食べてみたい方におすすめ♪
いすみ市産梨のゼリーもご用意します。

10日(土)は、ホールでのご用意になります。
お米はいすみ市結農園さんの、無農薬栽培玄米にR工房さんの自然栽培黒米、ささげを加え圧力鍋でもちもちに炊き上げたもの。
パイ生地には、主に成田市産無農薬小麦ユメシホウを使用しています。
フィリングには旬の野菜8種、外房の海で採れたひじきを。
国産菜種を圧搾した遺伝子組み換え無しの菜種油、自然海塩、醤油は仲間で手作りした米醤油です。
真心と愛情をいっぱいに込めて作るお食事用のパイ。
お子さまからご年配の方まで、普段玄米を召し上がらない方にもご好評いただいています。
食べ応え、満足感がありますので、サラダやスープなど添えるだけで充分にお食事として成り立ちます。

*玄米ごはんのパイ
1ホール(直径18cm)
3400円(お受け取りの場合)
3500円(郵送の場合、ラッピング代含む。クール便送料別途)

お食事として召し上がる場合、約4〜6人分くらいの目安となります。
カットサイズで6個分になります。
ご希望の場合は、カットし個包装いたします。
賞味期限は冷蔵の上製造日含め3日間となります。
お早めにお召し上がりになるか、またはカットし個包装の上冷凍して下さい。

こちらでのお受け取りは当日16時以降、郵送の場合は、翌日(11日)のお届けです。
ご希望の方は受け取り方法とお電話番号、郵送の場合はご住所と希望配達時間も添えてメッセージをお願いします。
贈り物の場合は送り先と送り主、両方ともお知らせ下さい。
ご希望が定数になり次第締め切りとなります。
ご注文を心よりお待ちしております♡

フルーツタルト、完成❣️

わ〜いわ〜いわ〜い❣️❣️❣️
ついについに❗️
米粉のフルーツタルトが出来上がりました♡

昨年から少しずつ、お米スイーツの研究に取り組み始めていました。
今年は小麦粉を使ったお菓子作りを卒業し、本格的にお米のスイーツ開発に取り組みたいと思っていたのですが。
同時にスタートした、お弁当作りからのお弁当屋さんオープン。
なかなかスイーツの方に時間もエネルギーも割けず、なんだか宙ぶらりんのままになっていました。
先月やっとケーキをひとつ完成させ販売することができ、楽しみに待っていて下さったお客さまにうれしいお知らせができました。

そして…。
ずっとずっと作りたいと願い試作を繰り返してきたフルーツタルトが、完成!
地元産の安心なお米が主原料なのです。
しかも、思い描いていた以上の出来上がり♪
この日をどんなに待ったことか。
うれしくてうれしくて、泣いちゃいそう…。
ビーガン&グルテンフリーのお菓子屋としての道を歩み始めたおちちやに、新しいお菓子が誕生です。
ばんざ〜い❣️

フルーツタルトは、季節ごとに果物を変えて一年中ご用意できるお菓子です。
これからのおちちやの、定番中の定番になること間違い無し。
最初のタルトは、いちじくに決まり♡
いすみ市産の旬のいちじくを、た〜っぷりお入れします。
生地にはアクセントとして、オーガニックのビターチョコレートを忍ばせています。
敬老の日の贈り物としても、ご利用いただけるようにご用意したいと思います。
数日中に詳細をお知らせしますので、どうぞ楽しみにお待ち下さいね(*^^*)
たくさんたくさんの方にお召し上がりいただけますように♡