紅葉の庭で

今日は、娘と赤ちゃんの退院の日。
見事にママのいない6日間を乗り切り一回り成長した孫娘が、ついにママとの再会と弟との初対面。
家族4人がやっと一緒に過ごせる日を迎えた。

この日のためにパパが連休を取ってくれたので、おばあちゃんは束の間のお休みをもらい帰宅。
いすみに帰って来たら、いつもののんびりな田舎の空気にほっ。
ほんの数日の間にすっかり木々も色づき、美しい紅葉が迎えてくれた。
ここ、公園じゃなくてうちの庭ですよ(*^^*)
空が広くて、風が気持ち良くて、空気がおいしくて、どこにいても緑が見える。
便利で何でもある都会の暮らしはわたしには少し息苦しくて、やっと深く呼吸ができる感じ。
ああ、ここはなんて豊かなのだろう。

また、食材を買い込んでおかずの作り置きとお掃除などして。
2人になった可愛い孫たちのお世話をしに、明日の朝再び出発。
この美しさと心地よさを、心の中に大事にしまっておこう。
おばあちゃん、行ってきます♡

ようこそ地球へ♡

生まれてきたのは、約2500gの男の子。
駆けつけたパパの到着を待っていたかのように、あっという間だったそう。

実際には会えないわたしと孫娘は、可愛いね♡と動画を何度も繰り返し。
にこにこで「赤ちゃん❗️」とうれしそう(*^^*)
ママと赤ちゃんの退院の日は、パパと一緒にお迎えに行く予定。
その前の日は、2人で動物園だって♪

できるだけ軽いお産を望んでいたママ想いの赤ちゃん♡
誕生翌日には顔と目を動かして、周りをよーく観察していた。
地球ってこんなところか、と思っているのかも!

上の子のときと違い誰のお見舞いもない、他の産婦さんとの交流もない、静かな静かな産後を過ごすママ。
お食事が何よりの楽しみだとか。
フレンチからイタリアン、中華にお寿司とご馳走が続くんだって♪
ゆっくりゆっくり休んで、おいしいものをしっかり食べて、そして元気に帰って来てね。
帰って来たら、にぎやかな毎日が待っているから❣️

ついに。

ついに来た。
お昼寝をしそびれて、夕ごはん直前にころり。
さすがにこの時間では朝までは寝ないから、ぐっすり眠っているところを仕方なく起こす。
しばらくぐずぐず泣いたあとに大きな声をあげた。
「ママ〜、抱っこ〜‼️」
大粒の涙がポロポロとほおを伝わる。
どんなにか堪えていた想いが、弾けたように。

こんなときなすすべは無い。
ただ抱きしめ、髪をなでるしか。
パパがやさしく声をかけるも、首を振り「ちがうちがう!」と叫び続ける。
ママの抱っこ、それがたった一つのほしいものなのだから。

散らかった遊びかけの折り紙を拾い、静かに折り始める。
すぐに思い出せるのは、鶴くらい。
何か興味の向くきっかけになればと。
鳥さんだよ、と見せるとにっこり(*^^*)
赤と黄色の鶴でご機嫌が回復♡

子どもって、小さな身体にどれほどの奇跡を秘めているのだろう。
瞬間瞬間、煌めきがあふれる。

夕方にお昼寝してしまったので、その後すっかり目がぱっちり👀
今度は絶好調で、力尽きるまで遊びの続く夜になるらしい。
おばあちゃんも、力尽きるまでお付き合いかなぁ。

おねえちゃんに。

朝目が覚めてママを求めて泣いたあと、今度はおばあちゃん抱っこ〜と。
パパとおばあちゃんと朝ごはん。
ママがすぐに帰って来ないことは、何となくわかってる。
2才ながら、状況を受け入れようとしていることが伝わってくる。

パパは立ち合いのため病院へ。
掃除洗濯をすませ、お砂場で遊ぼうと公園へ。
いつもなら楽しい公園も、ママがいない不安が大きくてどこか心細い孫娘。
一緒に遊ぼうとにこにこ追いかけて来たお友だちに、泣き出す。 
じゃあお買い物に行こうね、とベビーカーに揺られたらいつのまにかすやすや。
夕べは眠くなってからやっぱりママが恋しくなって、ひとしきり泣いたあと遅くまで起きてたもんね。
ママという存在の大きさ、偉大だなぁと改めて。

11:30ごろに「お昼ごはん。陣痛が始まって痛みがあるけど、これからに備えて食べる」と娘からのLINE。
その、わずか40分後にパパからの連絡。
「生まれました❗️」
えっ⁉️もう❓
何というスピード安産。
次々に生まれたての赤ちゃんの写真や動画が届く。
わあ〜、よくがんばったね♡
おめでとう❤️❤️❤️

まだぐっすり眠っている孫娘。
目が覚めたら赤ちゃんの写真を見せて、生まれたのだと教えてあげよう。
おねえちゃんになったことも、そしてあと何日かでママが帰って来ることも。

ママのお産

ママが入院する日がとうとうやって来た。
ママが何度もお話して聞かせるも、にこにこで手を振っている。
たぶんママのいないことに気がつくのはまだずっと後。
面会のできない今、退院の日まで会うことはできない。
生まれて初めて、ママのいない数日間を迎えることになった孫娘。

イヤイヤ盛りの2歳児を相手に、きっと予測不可能な日々。
こうなったら、何もかもを楽しもう♪

駅でママを見送った帰り道、もしかしたらお昼寝してくれるかなとベビーカーのに乗せぐるぐるお散歩。
1時間以上歩いてもお目々ぱっちり👀。
お家へ帰って、おやつタイム。
目をこすり始めソファに転がって、あっという間に夢の中。

天使(ときには怪獣)の寝ている間に、おばあちゃんは束の間のお茶の時間…
と思ったら、娘からLINEが。
思ったより子宮口が開いているので、このまま進行すれば今夜にもお産になるかもしれないと。
わ〜っ、ついに❣️
パパがいつ立ち合いのため呼び出されてもいいように、わたしも準備しておかなくちゃ。
いよいよだぞ〜。
ドキドキ💓

秋のお弁当屋さんごっこ

お産のサポートのため、明日からいよいよ本格的に長女の家へ。
その前にやること、やっておきたいことがいっぱい。
幸いお天気もいいので、掃除洗濯とかお布団干しとか。
ゆっくりお散歩もしたいな。
買い物も済ませて、夫と次女のためのおかずの作り置きもしておきたい。
あ、それに荷造り。

そんな中、昨日はほぼ一日かけて久しぶりのお弁当屋さんごっこ。
妹にリクエストした誕生日プレゼントの曲げわっぱも、やっと出番。
何日も前から構想を練り、出会った素材にインスピレーションを受け、作ったおかずを少しずつおままごとのようにお皿に並べ。
しかし、完成前に日没を迎える。
残念…。
きれいに写真を撮るには、絶対に自然光がいい。

そんなわけで今日は朝一番にお弁当を詰め、
おひさまがのぼるのに合わせて撮影会。
まぶしい朝日に照らされた、晩秋のお弁当。

♪玄米ごはん(ささげ・黒米)
♪野菜餃子
♪蕎麦の実ボール
♪高野豆腐のアーモンドフライ
♪大学芋
♪蓮根のきんぴら
♪水菜のナムル
♪にんじんサラダ
♪カリフラワーのカレーピクルス
♪柚大根
♪ピーナッツみそ
♪新生姜の甘酢漬け
♪キウイ

おかずを欲張り過ぎて、ごはんが見えないくらい。
はい、わたしがお昼にいただきました♡
もちろん、お腹も心も大満足です❤️
毎日のごはんにこれだけの手間と時間をかけるのはなかなかできないのだけれど…。
かけた分のしあわせはちゃんと返ってくる♡
あ〜、こんなお弁当が毎日食べられたら♪

エネルギー充電完了。
おばあちゃん、行ってきます❣️

11月のおちちや小箱をお届けしました。

11月のおちちや小箱をお届けしました。
おちちやが始まった初期のころから少しずつ形を変えて続けてきた小箱も、今回がついに最後となりました。
長い間にどれほど多くの方にお届けしてきたことか。
最後とお知らせしたためかたくさんのご希望をいただきましたが一部しかご用意できず、とても申し訳なく思っています。
今回は1回目と2回目、内容を変えてご用意してみました。
こちらは2回目。

♪洋梨のタルト
♪パウンドケーキ 柚
♪さつまいもの蒸しパン
♪豆乳プリン キウイ
♪オートミールとカレンズのスコーン
♪千葉産落花生のフロランタン

1回目の方には春菊のケーキ、りんごのマフィン、豆乳プリン みかんなどをお入れしました。
晩秋のお菓子たち、どうぞお楽しみ下さい。
今までおちちや小箱を愛し、応援し続けて下さったみなさまに心から感謝いたします。
本当にどうもありがとうございました❤️

娘の出産サポートのため、おちちやはしばらくお休みをいただきます。
今年のクリスマスのお菓子はご用意できるかどうかまだわかりませんし、できても少量だと思います。
早めにお知らせしますので、どうぞよろしくお願いします。
また、来年からは新生おちちやを楽しみにしていて下さいね(*^^*)

家族の物語

また、娘のところへ。
駅まで来てくれた孫娘は、遠くから見つけて「おばあちゃ〜ん❣️」と両手を振ってお出迎え。

とうとう臨月に入ったママが検診に行く間、2人でお留守番♪
ご機嫌でいってらっしゃいをして。
一緒に朝ごはんを食べ、着替えてベビーカーで公園へ。

玄関を出れば大通り。
行き交う車や人の間を縫い、立ち並ぶ家々の中狭い歩道をベビーカーで歩く。
スーパーにコンビニ、デパート、何でもある。
周りは田んぼや畑ばかり、広い庭には野生動物がやってくる、薪でお風呂を沸かすわたしの日常との差に目が回りそう。

公園もあちこちにあり、小さい子とママたちがいっぱい。
少し人見知りで、ママがいなくて不安な孫娘はお友だちとの距離感にちょっと敏感。
一緒に遊びたいと近づいてくる子を見ると、半分泣きべそで離れてしまったり、砂場にひっくり返ったり。
「ママをお迎えに行く…」
そんな様子を見て、おもちゃの車を差し出してくれたやさしいママが。
しばらくして機嫌を直し、にこにこと遊び始める。
泣いたり笑ったり、気分はころころ変わる。
自分の子育て時代は無我夢中で駆け抜けてきたけれど、どれほどかけがえのない時間だったか過ぎてしまった今だからこそわかる。

新鮮さもあってか、おばあちゃんおばあちゃんとまとわりつき、何でもおばあちゃんにやって欲しがる。
コロナ禍の今、娘の出産という特別な出来事が無かったら、こんなに密な時間を過ごす機会は作れなかったかもしれない。
小さな2つのいのちの営みを、味わい楽しむことのできることは奇跡なのだと思う。

ママの入院の予行練習で、パパが初めて寝かしつけにチャレンジ。
ママはお出かけし、今日はパパと寝ようねとお約束。
ママのところへ行くと1時間泣いた後で眠りにつき、翌朝「パパと寝たの」とけろっと。
ママが本当にいない数日間、どんなに泣かれるかと心配していたけれど、きっとそれすら愛おしい大切な思い出になるんだろう。
紡がれていく家族の物語。

11月のおちちや小箱をご用意します。

11月のおちちや小箱のお知らせです。
さあ、いよいよ最後の小箱となりました。
小麦を使用したお菓子を作る機会は今後かなり少なくなると思います。
もし、ぜひ味わっておきたい❣️と思って下さる方は今がチャンスです♪
わたしもめいっぱい楽しみ、噛みしめながら、真心込めてご用意したいと思います♡

晩秋の深い味わいのお菓子たち、6種を詰め合わせて。
少しずついろいろ楽しめるセットです。

*おちちや小箱
一箱 2600円

ご用意するのは11/13、20(土)になります。
冷蔵保存の上、お早めにお召し上がり下さい。

こちらでのお受け取りは当日16:30以降、郵送の場合は14、21日(日)のお届けになります。
ご希望の方は、お電話番号と希望受け取り方法、郵送の方はご住所と希望配達時間も添えてメッセージをお願いします。
数に限りがありますので、希望多数の場合は先着順となりますがご了承下さい。

ご注文を心よりお待ちしております♡

写真は一昨年11月の小箱です。

玄米ごはんのパイをご用意します。

秋も深まってきました。
少しずつ、紅葉も始まり目を楽しませてくれますね(*^^*)
庭のイチョウの木が、たくさん落とした銀杏。
それに根菜やきのこなど、秋の恵みをたっぷりとお入れした玄米ごはんのパイ、ご用意します。
今回が年内最後のご用意になります。

使用する玄米はいすみ市の農家、結農園さんの無農薬栽培米。
いすみ市R工房さんの自然栽培黒米、いすみ市産ささげ豆を加え、もちもち食感に炊き上げます。
旬野菜と房総産ひじきを合わせ、自家製醤油ベースのやさしい味つけに。
フィリングを包むパイ生地は、九州産中力小麦粉、R工房さんの無農薬栽培石臼挽き全粒小麦粉、国産圧搾菜種油、ねりごま、自然塩で。
素朴ながら、香ばしく力強い味わいです。

お好きな大きさにカットし温めると、焼き立てのおいしさがよみがえります。
お腹の空いたときのおやつに軽食に、お手軽なランチにお弁当に。
サラダやスープなどを添えれば、充分に満足感のあるお食事になります。
お子さまからご年配の方まで、普段あまり玄米を召し上がらない方にもご好評いただいています。
その上、元気の出る魔法もかけてあります♪♪♪
ぜひ一度、召し上がっていただきたいパイなのです❗️

*玄米ごはんのパイ
18cmホールサイズ(6カット分)
3300円

ご用意するのは11/6(土)になります。
賞味期限は11/8です。
冷蔵保存の上、お早めにお召し上がり下さい。
すぐにお召し上がり切らない場合はカットして個包装の上、冷凍保存することをおすすめします。
自然解凍後、温めてお召し上がり下さい。

こちらでのお受け取りは当日16時以降、郵送の場合は7日(日)のお届けになります。
ご希望の方は、お電話番号と希望受け取り方法、郵送の方はご住所と希望配達時間も添えてメッセージをお願いします。
数に限りがありますので、希望多数の場合は先着順となりますがご了承下さい。

ご注文を心よりお待ちしております♡