cafe便り 10/21


dscn7098

昨日のランチメニュー。

 

・玄米ごはんのパイ

・安納芋のスコーン&はちみつパン

(豆腐クリーム&甘夏ママレード)

・里芋の揚げ出し

・秋野菜の白和え

・三年番茶

 

ランチを始めて、4週間目。

相変わらず開店時間まで、めいっぱいにばたばたする。

 

手間をかけ、心をこめて作る、おちちやランチ。

 

それでも、金曜日の午後しかない営業時間。

何かのついでに寄るようなことのない、とてもへんぴな場所。

お客さまがどれだけ来られるかは、そのときまでわからない。

 

昨日、ランチの時間に思いがけずお客さまが続いていらしたとき、

わたしは感激で涙があふれそうになった。

胸の奥がよろこびで震えた。

 

「玄米ごはんのパイで、ランチをやりなさい」

という神さま(わたしの魂)の声を受け取って、

わたしはそれまで、やるつもりのなかったランチを突然始めることにした。

 

ランチを提供することは、おちちやにとってとても大切な一部になった。

 

おちちやを通して、ランチを通して、お菓子やパンを通して、

わたしはわたしのよろこびを表す。

おちちやであることは、わたしのしあわせだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です