クリスマスのお菓子

dscn5420

クリスマスももう間近になりました。

お客さまからクリスマス商品のお問い合わせをいただき始めているのですが、

のんびりペースのおちちやは、なんとただ今準備中。

 

さすがに遅すぎなのですが、わたしもできることは精一杯していますので、

どうぞもうほんの少しだけ、お待ち下さいね。

数日中にはご案内できると思います。

 

クリスマスデコレーションケーキのお知らせをします。

ご予約受け付けいたします。

 

直径15cm。5号サイズ。4500円になります。

植物性素材だけで作るケーキやクリームは満足感あるおいしさとボリュームです。

地元産のいちごとキウイ、クリスマスクッキーを飾ります。

クリスマスキャンドル付き。

 

写真は去年のものです。

今年は少しデザインが変わります。

 

郵送はできませんので、こちらまでお受け取りに来られる方のみとなります。

製造は12月24日のみになります。

 

数に限りがありますので、ご注文は先着順とさせていただきます。

イベントに参加して

rscn7279

11月26日は渚のファーマーズ、

昨日4日はTAITO MARKETと、イベントに参加してきました。

 

その2つのイベントに関わる中で、わたしが感じたことを綴ってみますね。

 

まず渚。

これはけっこう大きなイベントで、お店も100くらいも出るというものでした。

わたしは初めての参加でしたが、出店者さんにはお友だちも多く、

おちちやにとっては久しぶりに大きな舞台でした。

 

大きなイベントというのはそれだけお客さんも多く、

たくさん商品が売れる可能性も大きくなります。

というわけで、直前の3日間は準備にかかりました。

 

そんなとき、以前のわたしだったら、できるだけ多くの商品を用意して、

お客さんによろこんでもらったり、たくさん売り上げたりしたい、

という思いから、かなりがんばって準備をしたことでしょう。

 

というか、今回、少しそんなモードに入りそうになったんですね。

 

それでそんな自分の気持ちに気づいて、改めて感じたのは、

そうだ、結果のためにやるのではなかった、

わたしのよろこびのためにやっているんだった!

 

売上とか、

評価とか、

人気とか、

成果とか、

外側にある形のあるもの。

それを求めても、

それを得られても、

わたしの真のしあわせとは関係がない。

 

わたしがよろこびを感じること、

満ちていると感じること、

心地がいいこと、

本当のわたしを生きていると感じること。

それがわたしの真実で、本当の意味でのしあわせ。

 

だからどんなときも、わたしの内側が何を感じているのか、

わたしのハートが何を望んでいるのか、

それだけが大切。

dscn7277

昨日のマーケットは渚とは対照的に、とってもささやかなイベントでした。

出店もほんの数店で、お客さんも少しずつ。

 

でも、ゆるやかなイベントって、こちらもゆったりできる。

一人一人のお客さまや出店者さんたちとじっくりお話したり、

他のお店をのぞいて楽しんだり。

 

すてきなライブもあって、うれしい出会いもあって、

わたしにはしあわせな1日でした。

 

わたしがまずしあわせであること。

わたしがどんなときも心地よさを選ぶこと。

 

そこからしあわせなおちちや、心地いいおちちやが生まれる。

そしてそうであることが最高に素晴らしいものをみなさんに届けることができる。

わたしはそう思います。

cafe便り 12/2

dscn7248

おちちやランチメニュー。

 

・玄米ごはんのパイ

・ブルーベリースコーン&かぼちゃパン

(豆腐クリーム&キウイジャム)

・金時豆とキャベツのトマトスープ

・大学芋

 

週一度、短い時間しか開けていないおちちやのためにおいで下さるお客さま。

赤ちゃんや小さい子から、年配の方まで、いろいろな方に来ていただきます。

どなたにお会いしても、うれしくて楽しくて。

ついついお話しに花が咲きます。

rscn7268

おちちやのいちょうも、ずいぶん色づいてきました。

 

12月から冬時間となり、営業が12~15:30までになりました。

できるだけあたたかく過ごしていただけるように心がけていますが、

なんといっても寒い古民家です。

あたたかくしておいで下さいね。